2011年03月27日

うたのちから




日向市中央公民館で開催されたバリアフリーコンサート。2002年2月24日

子供たちと「折鶴」を手話を交えて歌った。
NHK手話ニュースなどでお馴染の田中清さんもご一緒に。



シンガーソングライターの梅原司平さんは
地震当日、東京の山手線で2時間閉じ込められ
線路を歩き、自宅近くの最寄り駅で

普段は30分の迎えを
待つこと5時間。

その待ち時間に「うたのちから」ができました。

無料配信されています。
被災地の方々は今は歌など聴く余裕はないけれど
心に染みる歌です。

いつか聴いていただけたら・・・




http://www.pulana.net/ トップページ ♪「うたのちから」などをクリックして下さい。
http://www.pulana.net/utanochikara.html 「うたのちから」の歌詞が読めます。

http://www.pulana.net/message.html 梅原司平のメッセージも読んでくださいね。


今日は、宮崎市の中小企業家同友会事務局へ
友人たちから寄せられた日用品や衛生用品の救援物資を持参。




中小企業家同友会はいち早く救援物資輸送ルートを確立し
宮崎からが既に第5便が輸送されています。

  


2011年03月22日

Connecting Places

2011年3月13日、日曜日

JAZZ、即興のフルート奏者Miyaさんは
福島県の南相馬市でコンサートの予定だった。

3月11日の大地震と大津波で甚大な被害を受けた地域だ。

そのMiyaさんのライブが
先日、日向であった。




Connecting Places「場所つなぎ」と題して。

南相馬市のライブは延期になったが
日向での参加者全員でメッセージを綴った

いつか 必ず南相馬市へ届くだろう

福島でのコンサートが11日だったら、地震が13日だったら・・
人の世の無常を想うライブだった。

Miyaさんのライブは初めてだったが

私の知人が良く知っている福島県在住の詩人 寶玉義彦さん
ライブに何度か行ったことのある谷川賢作さんのお名前が出てびっくり。

ほんとにどこかで繋がっている。

コンサートの途中、寶玉さんが避難先から電話でライブ出演。

被災状況や支援の在り方、そして

できたばかりの自作の詩を朗読して下さった。

その詩は

「水田地帯の皮膚を引き剥がしていった」から始まった。

  


Posted by meayou at 22:17

2011年03月15日

優しさは繋がっていく




今、こうしている時
寒さに震え喪失の悲しみに中にいる人たちのことを思うと
何だかココロが重たくてブログも書けずにいた。

毛布も水も衣類も直ぐにでも送りたいのだけれど
企業からのまとまった物資でなければ無理のようだ。

中小企業家同友会では、東北の同友会が日本海側からの
物資輸送計画のたち上げを始めたところで
宮崎の同友会では、どういった物資が提供できるかのアンケートを行っている。

この未曽有の災害で最愛の人を亡くした人がたくさんいるのに
「天罰」などとどうして言えようか。
地震大国の日本、いつ、どこで大地震がおこるかわからないのだ。
震災に遭われた方には逆なでするかもしれないと前置きした??
逆なですると思うなら口に出さないことだ。

確かに、私たちは便利さを追い求めてきた。
その結果、地球温暖化や心の荒みから来る痛ましい事件も多い。

計画停電で
(そんなにまとめて買わなくてもいいだろ!?)と思うくらいの
サランラップやトイレットペーパー、米の大量買い。
横浜の友人がお米が無くなったからと
近くのスーパーに買いに行ったら皆無だったらしい。
自分のことだけ考えるのやめよーよ。

しかし、心強くて心優しい人はたくさんいる。

大津波の翌日、私は北九州の研修会場にいた。
若い人たちも多い会だ。
誰かが段ボール箱に津波を伝える新聞を貼って
募金箱をだまって司会者の横のテーブルに置いた。全員が入れた。

司会者の方の奥様の実家は岩手県で全く連絡がつかないことを
私たちは会の終わりに知った。

一刻も早く皆さま方がご家族に会えますことを祈ります。
どうか暗くてとても寒いでしょうけど頑張って下さい。  


Posted by meayou at 22:41

2011年03月09日

玄米のゆらゆら炊き

マクロビオティックの料理講習に行って来た。


    「パピヨン」と言うネーミングのアレンジ。マイアレンジでーす。

我が家のご飯は
3分づきだったり7分づきだったり。
(玄米を買って家で精米する)

玄米は何となく体に優しい。
今日は、玄米の「ゆらゆら炊き」を習ったので
早速、今夜は玄米食。

たまに玄米炊いたりするのだけど
イマイチ硬い感じがしてた。

この「ゆらゆら炊き」なら
ウン、柔らかくてイケル!

味噌汁の出し汁が鍋に余ったので
出汁昆布が入ったまま持って帰った。



すごーい立派な昆布。捨てるのもったいない!
天ぷらにしてみた!?
ポン酢で食べたらグー!

昆布だし汁に椎茸だし汁合体させて
味噌汁作ったらウンマーイ!

けーこちゃんが教えてくれた刻み生姜をたっぷり入れて
「食べるいりこ」もたーっぷり入れてかき揚げ。



生姜の風味が何ともいい!

生ちりめんも薄味で。
  


Posted by meayou at 23:09料理

2011年03月04日

雛人形


私の大好きなミモザが満開!
イタリアではミモザ咲く頃
女性にミモザを贈る風習があって
ミモザの花束を抱えて
歩いている女性が目立つらしい。



3月の月始めは忙しい。
2日は父の月命日。仕事へ行く前に墓参。
早朝の墓苑は春の風が吹いていた。
3日は雛祭り。亡き母の誕生日。
父も母もいなくなったが
目を閉じれば父や母の声色も聴こえるし
顔も鮮やかに浮かぶ。

私が子供の頃
母が毎年飾っていた雛人形を今年も飾った。
素朴な土の佐土原人形を母はとても気に入っていた。
45年以上はたっているのだろうか・・
  


Posted by meayou at 22:35