2011年03月15日

優しさは繋がっていく




今、こうしている時
寒さに震え喪失の悲しみに中にいる人たちのことを思うと
何だかココロが重たくてブログも書けずにいた。

毛布も水も衣類も直ぐにでも送りたいのだけれど
企業からのまとまった物資でなければ無理のようだ。

中小企業家同友会では、東北の同友会が日本海側からの
物資輸送計画のたち上げを始めたところで
宮崎の同友会では、どういった物資が提供できるかのアンケートを行っている。

この未曽有の災害で最愛の人を亡くした人がたくさんいるのに
「天罰」などとどうして言えようか。
地震大国の日本、いつ、どこで大地震がおこるかわからないのだ。
震災に遭われた方には逆なでするかもしれないと前置きした??
逆なですると思うなら口に出さないことだ。

確かに、私たちは便利さを追い求めてきた。
その結果、地球温暖化や心の荒みから来る痛ましい事件も多い。

計画停電で
(そんなにまとめて買わなくてもいいだろ!?)と思うくらいの
サランラップやトイレットペーパー、米の大量買い。
横浜の友人がお米が無くなったからと
近くのスーパーに買いに行ったら皆無だったらしい。
自分のことだけ考えるのやめよーよ。

しかし、心強くて心優しい人はたくさんいる。

大津波の翌日、私は北九州の研修会場にいた。
若い人たちも多い会だ。
誰かが段ボール箱に津波を伝える新聞を貼って
募金箱をだまって司会者の横のテーブルに置いた。全員が入れた。

司会者の方の奥様の実家は岩手県で全く連絡がつかないことを
私たちは会の終わりに知った。

一刻も早く皆さま方がご家族に会えますことを祈ります。
どうか暗くてとても寒いでしょうけど頑張って下さい。  


Posted by meayou at 22:41